LOADING

  • 喫茶老店「さぼうる」鈴木老闆,與さぼうる和神保町的故事

    Interview & Writing / Ayako Oi (CafeSnap);Photo /  Kenichi Yamaguchi ; Interpreting / Rinsho

    時隔半年,還是這裡好啊。眼淚都要泛出來了。

    春天時因傷住院的老闆鈴木文雄先生回到一如往常的窗邊指定席,確認著熟悉的座位。進行COFFEE COLLECTION採訪的正是出院後秋高氣爽的某日。這次將獻上自1955年創業以來深受各界人士愛戴的鈴木老闆口中的さぼうる以及關於神保町的事物。附上14張照片以及訪談內容呈現。

    領路人:さぼうる 鈴木文雄 先生
    在戰爭的強制疏離結束之後回到北品川,受到身為廚師的鄰居邀約,任職於銀座的高級餐廳「バンガロー」。1955年,受朋友之託幫忙開立當時的「さぼうる」。隨後頂替身為藝術家的前任店主的位置就此成為了老闆。

    ◆さぼうる是如何創業的呢? 

    因為和我一起創業的人是位藝術家,所以當時我們常參考附近的咖啡店、以及採買必需物品。其中參考LADRIO受益良多。有名的是個子矮小的媽媽桑在吧台操弄著手搖杯時的美好,因為吧台太高,所以只能看到她半顆頭呢。那條小巷十分美好喔!擁有著LADRIO以及ミロンガ這些好店。

    やっぱりいいね、涙がでてくるよ。半年以上ぶりなんだよ。

    春に怪我をして入院をしているさぼうるの鈴木文雄マスターは戻ってきた窓際のいつもの指定席で、その座り心地をたしかめていた。COFFEE COLLECTIONの取材で伺ったのは一日退院をした秋の某日。1955年に創業し、60年たった今でも、古書店の店主や学生たちから愛されている鈴木マスターに聞いた、さぼうるのこと、神保町のこと。14枚の写真とインタビューでお届けします。

    案内人:さぼうる 鈴木文雄 氏
    戦争の強制疎開から戻った北品川で隣に住んでいたシェフに誘われ、銀座の高級レストラン「バンガロー」に就職。1955年、友人の知り合いに依頼されて「さぼうる」の立ち上げを手伝う。その後、芸術家だった元店主のあとを引き継ぎ、マスターとなる。

    ◆さぼうるはどんな風に始められたのですか?

    一緒に始めた人が芸術家だったからラドリオや近所の喫茶店を見に行ったり、品物を買いに行ったよ。ラドリオはずいぶん参考にさせてもらったね。有名なママさんは小さい人で、カウンターでシェイカーをする姿が抜群によかったよ。カウンターが高いから顔がでるくらいでね。あの横丁はいいよ。ラドリオもミロンガもいい店がいっぱいある。

    剛開始營運的時候十分艱苦,當時開店的陣容有老闆以及老闆娘和老闆的妹妹,但卻因為沒地方好睡覺,因此將店裡的十張椅子並排充當床鋪。窗戶則是以報紙充當和紙以大頭針固定,這麼一來早晨的通勤人潮變成了鬧鐘。媽媽總是交代要睡飽,因此總是把「我有好好睡」掛在嘴上,但他從一大清早就來店裡探視一直到晚上,當然就穿幫了。

    ◆當時會來さぼうる的客人都是怎麼樣的人呢?
    有學生以及二首詩店工作的人、士紳們、以及三省堂(本店座落於神保町的連鎖書店)的人。為了喝咖啡、喝酒。也有些人會為了工作前的早餐而來。

    店を始めた時は大変だったんだよ。当時のマスター、ママさん、その妹といて始めたのはいいけど寝る場所がなくて、店で椅子を10個並べて寝ていたんだ。扉には新聞紙をがびょうではってそうすると朝番の人が来て起こしてくれるんだ。お袋が心配するといけないからね、「ちゃんと寝てる」っていっておいたのに、店に見にきてバレちゃったんだよ。朝早くから遅くまでいたから。

    ◆当時どんな人がさぼうるに来ていたのですか?

    学生さんや古本屋で働いている人、旦那衆、三省堂の人。コーヒーを飲む、お酒を飲む、仕事の前にモーニングを食べに来る人もいたね。

    ◆說到さぼうる就會聯想到紅磚上的塗鴉。上面有著無數的簽名以及留言呢! 

    一開始我們也有警告,因為實在太不美觀了。但隨著一開始用黑筆、白筆書寫的細字逐漸變粗,大家都跟著一起寫後就顯得沒有這麼奇怪了。因此看到某些人在塗鴉十字人就睜一隻眼閉一隻眼了。

    ◆聽說情侶在這留下痕跡,就能結下良緣。

    我們沒有製造這種傳言,到底是從誰從何開始的呢。

    ◆さぼうるといえばレンガの落書き。サインやメッセージがたくさん書かれていますね。

    最初はね、注意したんだよ。あんまりきれいじゃなかったから。黒や白、細いペンで書かれてたものがだんだん太くなってきてみんなが書き出したら、そんなに変じゃなくなってね。人によっては書いていても、見て見ないふりするようになった。

    ◆カップルで書くと、結ばれるって聞いたことがあるんですが。

    そんな噂は流したことにないな。誰かが流したのかな。

    ◆老闆您和曾經的員工善結良緣,在喫茶店誕生的浪漫物語是常事嗎?

    我認為滿多的。無路如何,喫茶店裡充滿的盡是夢想啊。想開店的人以及來店的人都各有各的夢想,儘管是來喝一杯茶而已的人們也抱著自身的夢。在神保町裡有著さぼうる、ラドリオ、ミロンガ、エリカ、白十字,還有歌声喫茶、ろうそく喫茶、美人喫茶店這些店。特別是美人喫茶店的咖啡啊,賣得可是一般喫茶店的兩倍呢!

    ◆真是有趣。美人喫茶店曾是怎麼樣的地方呢?

    學生以及男人想看美女的第一首選。最初的最初,喫茶店曾是美女專屬的職場。事隔約二十年的時光,喫茶店男人也逐漸增加,銀座的美人喫茶也因此一間間的消失。當初充斥著美女的地方第一名是空服員、第二則是百貨公司的化妝品部門,而位居第三的即是喫茶店。

    ◆現在店裡有什麼東西是從開業當初一直傳承下來的嗎?

    應該是牛奶壺了吧。不論是特別的客人或是店裡的常客,即使到現在也會使用喔。

    ◆マスターも従業員だった方と結婚されていますが、喫茶店でロマンスが生まれることは多かったんですか?

    多いと思うよ。とにかく、喫茶店には夢がいっぱいだからね。始める人も来る人も夢があるし。お茶を飲みに来る人も夢がある。神保町には、さぼうる、ラドリオ、ミロンガ、エリカ、白十字、それから歌声喫茶、ろうそく喫茶、美人喫茶店というのがあったんだよ。美人喫茶のコーヒーは普通の喫茶店の2倍ぐらい。店員には口を聞いちゃいけないんだよ!

    ◆面白いですね。美人喫茶はどんなところだったんですか?

    学生や男は美人を見にいくところだった。喫茶店は美人が働く場所だった、最初はね。20年ぐらいたったころかな、美人でなくてもいい、男も増えてきて銀座の美人喫茶も一件一件となくなっていった。美人で繁盛したのは、スチュワーデス、デパートで化粧品を売る人、次は喫茶店だったね。

    ◆お店の中で、開業当時から使っているものはありますか?

    ミルクピッチャーだね。特別なお客様や常連さんにはいまも使っているよ。

    ◆為什麼咖啡會附上花生米呢?  

    最初是沒有這項服務的,但面孔熟了之後自然而然想要多給點服務。當時剛好有名古屋開店的機會,所以服務也變得有點不太容易。一開始是提供帶皮的花生,但因為花生屑掉落在地板上看起來很髒,之後改成提供帶殼花生,不過這次換成殼掉落在地上看起來不衛生,最後改成提供奶油花生米。調整了很多呢。

    花生米會提供給給常來的熟面孔,或是目光因此被吸引停留的客人,有些人會因為這樣的小小服務而感到很開心。

    ◆コーヒーにピーナッツがついてくるのはなぜですか?

    最初はついてなかったんだよ。顔が売れてくると、なにかサービスしなきゃと思ってね。その頃、名古屋の話が入ってきて、サービスが大変なんだってね。最初は、コーヒーとピーナッツの皮がついたもの出していたんだけど、床が汚れて。次に殻付きのピーナッツ。これも殻が落ちて、床が汚れて最後にバターピーナッツになったの。モーニングサービスにつけたりしてね。いろいろ変わってきてるね。

    ピーナッツは、よく来るようになって、目に止まるようになったお客さんにつけてあげるの。人によってはおまけしてあげると喜ぶんだ。

    ◆生草莓果汁在店裡也很受歡迎呢!

    那個之所以會誕生的原因……是 在對面剛好有一家新開的店,那家店開幕當天生意很好很繁忙,於是我就選了店裡的吧檯座位,看著店裡把水蜜桃汁、水、糖經過果汁機攪拌後倒入裝著冰塊的杯子內。於是一時興起,總覺得加上一點巧思一定能夠做得更好喝,所以回來自己開始研發。

    在以前只在草莓的產季提供,使用靜岡的草莓。但現在一年四季都可以提供草莓汁。我想草莓果汁是我們首創的,其他的店不太來模仿吧。

    ◆お店では生いちごジュースも人気ですよね。

    あれができたのは……この辺りに新しい店ができたからと出向いた店があって、その日はオープンしたてで、混んでいたから空いていたカウンター席に座ったの。そしたら、もものジュースをミキサーにいれて、水、シロップをいれて氷はグラスに。これは簡単だなー。工夫したらもっとうまくできると思って始めたんだ。

    昔は旬の時期だけ。静岡のいちごを使っていたけどいまは一年中、いちごが入ってくるから通年作れるね。いちごジュースは私のところが最初だと思うよ。なかなか他の店が真似しないね。

    有新的店開幕我理所當然會去,不管是神保町或是銀座,都讓我受益良多值得參考。不只是喫茶店,只要神保町有新的店我都會去逛逛,不過如果被認出來的話就不去了。因為會被說「你是さぼうる的老闆吧!」,總覺得哪裏不太自在,所以頂多也只會去個一兩次左右吧。

    ◆草莓汁裡的草莓的都滿多的吧。

    多一點心情一定比較好啊。比起丟掉,給出去不是比較好嗎?客人們也會因為草莓汁的份量感到開心,而且喝掉這杯滿花時間的,也可以讓客人待久一點!

    ◆說到份量的話,那麼不可不提的拿坡里義大利麵……! 

    那個啊,因為太麻煩了啊。店裡繁忙懶得每次都測量份量,於是決定乾脆不量。 神保町是個屬於學生們的街區,學生抱著滿滿的希望來到這裡,理所當然要充滿著夢想才行!畢竟這些追夢中的人也是用著不寬裕的手頭錢來的啊。

    新しい店ができると必ず行くんだよ、神保町でも銀座でも。勉強になるし、参考になる。喫茶店に限らず、神保町で新しい店ができたら必ずいくの。顔が売れちゃうともう行かない。「さぼうるのマスターだよな」って、言われちゃうとわざとらしいから。1、2回行ったらもういかなくなっちゃうね。

    ◆いちごジュースはいつも並々つがれていますよね。

    多いほうが気持ちいいじゃん。捨てるぐらいなら出してあげたほうがいいね。お客さんも、いちごジュースがたくさんでてきたら嬉しいし。意外と飲むのに時間かかるから、長居できるんだよね。

    ◆量でいえばナポリタンも……!

    あれ、めんどくさいからね。忙しいし、測らずに始めたの。はかったことないんだよ。

    学生の街だからね。学生はみんな夢持って神保町にくるから、夢がいっぱいないとつまらないしね。始める人も夢がいっぱいだし、飲みにくる人もない夢いっぱい。最初のころは、ないお金で店に来るんだから。

    ◆老闆平時都坐在窗邊的位置,請問都望著怎樣的景色呢?

    我都會跟來往的人們打招呼。每天早晨大概會有不下十個人望進窗戶裡和我互相問好。對於常客我都會打開店門每天到聲早安,當然也有人揮揮手示意之後就經過呢。

    ◆マスターはいつも窓際のこの席に座られていますが、どんな景色を見ているのですか?

    通る人と挨拶を交わしているの。朝、のぞいていく人が毎日10人以上いるんだよ。常連さんには扉を開けて毎日「おはようございます」と言うの。手をふって行っちゃう人もいるしね。

    ◆有時會看到您坐在這對店員們下達一些指示,請問都是怎樣的事呢?

    總而言之要「問候」。 歡迎光臨、謝謝您、您早、不好意思先告辭了。 能夠好好問候的孩子們一定有無限的進步空間喔,少說能夠經營一家店!

    ◆請問老闆在經營一家喫茶店時,有什麼特別重視的事情嗎?

    以真誠投入。如果只是抱著半吊子將就的心態,乾脆還是別做了。如果沒有以真摯的心服務的話也無法將感情傳遞給個人。這是我最重視的。若拚命地去經營的話,喫茶店這種玩意兒絕對可以經營個二、三十年。喫茶店這種東西大概要花個二、三十年才能回本吧。但最近的人們總是匆匆開店匆匆放棄。

    ◆この席から従業員に指示もだされていますよね。どんなことを伝えていますか?

    まず挨拶。いらっしゃませ。ありがとうございます。おはようございます。お先に失礼します。挨拶できる子は伸びていくよ。お店ぐらいもてると思う。

    ◆マスターが喫茶店をやる上で大事にしていることはありますか?

    気持ちを込めてやる。仕方なしにやるならやらないほうがいい。気持ちを込めないと相手に伝わらない。それは大切なことだね。一生懸命やればね、喫茶店なんて20年30年できる。喫茶店なんて20年30年やらないと元とれないよね。最近は始めてすぐやめちゃう人、多いんだよ。

    ◆在這一路上有遇到辛苦的事嗎?

    因為這是工作啊,所以沒什麼好值得喊苦的。

    ◆那最艱辛的事呢?

    大概是客人都不上門的時候了吧,最艱辛的是東京奧運那陣子了。東京奧運、新幹線、東京鐵塔等等全部都是在這家店創業以後的事情了。東京奧運當時,並非每個家庭都買得起電視,因此人麼都往能看得到電視的地方聚集,自然也沒有客人上門了。

    ◆在困苦的當時,有什麼是您心裡的支柱呢?

    就在剛開店時,身為鄰居的酒行借給我們一些錢成了最大的慰藉。說著:「要連我們借給你的份一起好好打拼。」激勵著我。就連還錢他們也給了我半年的時間緩衝,過了半年才開口要回,對於我來說非常感謝也十分不敢相信會有這種好事發生。

    ◆對於能夠持續經營這件事,最值得開心的是?

    莫過於能夠有常客以及多認識一些人。 但最令人感到寂寞的是這些人們的消失。有些跨越幾十年的歲月的常客逐漸去世,真得十分令人感傷。

    ◆大変だったことはありますか?

    仕事だからね、大変だとは思わなかったね。

    ◆辛かったことは?

    お客さんが来ない時は辛いよね。一番辛かったのは、東京オリンピック。東京オリンピック、新幹線、東京タワーは全部店がオープンした後のことなんだよ。東京オリンピックの時は、みんなテレビが買えない時代だったからテレビがあるところに人が集まって店に人が来なかったんだ。

    ◆その時の心の支えは何でしたか?

    店を始める時に、近所の酒屋さんがお金を貸してくれたことが励みになっていたね。貸してもらった分、頑張って続けないと、って。お金って、ある程度ないと貸してくれないんだよ。返済も最初の半年間は待ってくれて、半年たったら、最初の返済をしてくれって。それはありがたかった。とても信じられないようなことだったよ。

    ◆お店を続けてきてよかったこと、嬉しかったことは?

    知り合いができた、常連さんをいっぱい知れたこと。悲しいのは、その人がいなくなっていくことだね。毎年、何十年と通ってくれていた常連さんがいなくなっちゃうんだ。それが寂しいんだよね。

    ◆客人們都會來跟老闆您交談嗎?

    有人只是坐著看著我,當然也會有人過來搭話。就算吧檯上座無虛席,我也不太說話、不太主動搭話。畢盡有人不太喜歡被打擾,而不愛說話的人也會因此覺得疲憊。

    ◆對於老闆您來說,さぼうる究竟是什麼呢?

    雖然有點誇張,但確實就是我的生命呢。 沒有客人的話,喫茶店也不可能會有成立的一天。 能夠有人持續的光臨實在是件令人開心的事情呢。

    ◆お客さんはマスターと話をしに来られるのですか?

    ただ、見ている人もいるし話かける人もいるし、カウンターにずらーっとお客さんが並んでも私はあんまり話をしなかった。話しかけることはしなかったね。話しかけられたくない人もいて、話すのが好きじゃない人は疲れちゃうからね。

    ◆マスターにとってさぼうるとは何でしょうか?

    大げさだけど、命だね。お客さんがいないと喫茶店は成り立たない。続けてきてくださることは嬉しいね。

    ◆自1955年開業而如今已經2108年,您認為神保町有任何改變嗎? 

    沒有改變的意圖,也實在感覺不出來他的改變。雖然店裡的菜單品項增加了。我認為現在的樣子就足夠了,雖然書店一時有減少的趨向,因為網路作祟。大街上原本是書店的地方如今大多都變成了餐飲店。 LADRIO倒是保持著一開始的風貌,一點兒也沒變。就連紅色的椅子們也始終保持著最原始的顏色。一直到現在,我還是認為LADRIO最棒了,因為源源不絕的客人。在LADRIO喝過的人,也時常來到我們店裡再喝一杯咖啡。 LADRIO是屬於法式民謠(chanson)的店, ミロンガ則是屬於探戈的店。

    ◆1955年にさぼうるを始めて、今年は2018年。神保町は変わったと思いますか?

    変えたつもりもないし、変わった感じもない。店の品数は増やしたけどね。いまのままでいいと思うよ。本屋さんはいっとき減ったけど、いまはインターネットで売れるらしいから。表通りの本屋さんだった場所に食べ物屋さんが増えたよ。ラドリオは最初から、ほとんど変わってない。赤い椅子も、最初からあの色だった。いまもラドリオが一番だと思っている。お客さんが絶えず入っているから。ラドリオで飲んだお客さんが、一杯、コーヒーを飲みにうちに来てくれることもあるよ。ラドリオはシャンソンの店でミロンガはタンゴの店。

    ◆さぼうる經常播放著流行音樂呢!

    因為現任店長的伊藤先生個人喜好。 也會指定早上一定要這首!中午是這首!晚上非此不可!也會因為某個客人的到來而播放「這首」! 伊藤先生:「當有人在喝酒時,也有時會想播放演歌。雖然有點不可思議,但爵士卻意外的不搭嘎呢。」

    ◆對於今後有什麼想法嗎?

    常客年年減少。不過一出院之後就會想見到這些人呢。現在也有人每天都會來報到啊!

    ◆さぼうるはポップスがかかっていることもありますよね?

    彼(現店長の伊藤さん)が好きだから。午前中の音楽はこれ、昼はこれ、夜はこれってしている。
    あのお客さんがきたら「これ」というのもある。伊藤さん:飲んでいる人がいる時は演歌をかけることもあります。不思議と合うんです。でも、ジャズは意外と合わない、とかね。

    ◆これからについてはいかがですか。

    常連が年々減っていくんだよ。病院を出たらまた常連さんに会いたいね。今でも毎日きてくれる人がいるんだ。

     

    [Info]
    CafeSnap

    一個可以帶領你探索充滿著個性咖啡店的咖啡店專用app。從老派的喫茶店、時髦咖啡館一直到現在正火紅的咖啡等12000間咖啡店都有!以照片帶領你找到一家最對味的咖啡廳。

    ◆CafeSnap (iOS, Android 免費)
    www.instagram.com/cafesnap/

  • RECENTRY
    “ Good Summer, Good …
    由文總主辦、為東京主場 TAIWAN P…
    TAIWAN PLUS 2022「台灣吉…

    ALL

    AREA
    TAIWANJAPAN

    NEWS

    ARCHIVE